2011年03月

2011年03月29日


こんにちは

27日、銀座で反原発デモがあるとの情報。
新柄作成の途中ですが、
急きょ参加してきました。

毎月行っている「核燃料再処理反対」を訴える団体が
タイトル変更して呼びかけたデモ。

参加者は約1,200人。
ドイツの12万人には遠く及びませんでした。
実はもっと集まると思ってたのですが。
「ここに集まればいいってわけじゃないよね」という私に
「国や権力を動かすには数の脅威も必要」と相方。
たしかにそうかもしれない。

東京電力本社が、やけに威圧的に見えた小心者。

デモの後、集会で
今までも反原発運動をしてきた団体から
「起きる前に止められなかった」と無念の言葉。

私は、福島原発のエネルギーを使っているのは
東京電力を使う我々であり
福島県民ではない、という意識さえなく暮らしてた。

普通の機械、設備みたいに
壊れた、もう動かないならどんなによかったか。
この事故が収まるのは
止まることじゃないってことが怖い。
停止できたとしても、熱は出続け、永久に冷やし続けないといけないもの。
多くの犠牲を払ってさえ人の手で止められないかもしれないもの。

原発事故がなければ、
被災地の農水産物の消費も流通も国を挙げてできて
復興の一助になったはず。

福島が廃炉になっても
まだ原発は日本にいくつもあるし造られようとしているのもある。

必ず来ると言われる東海地震、その真上には浜岡原発。

この状況で、地震がきて、他の原発が事故を起こせば
自分にできることをしよう、なんてことも
たぶん、言ってられない。
そんなの絶対起こしちゃいけません。
せめて人の手で間違いなく封じ込められるうちに終わりにしたい。

被爆を経験した日本が、

国内で国民に被爆させることはあってはいけないと思う。

日本に原発を造ってはいけなかったとやっとわかりました。

国や経済の発展に不可欠という意見もあります。

医療機関など停電してはいけないような所も停電している中、

ほとんどの23区(ウチも)が、除外されている不公平な計画停電も

よりよい方法があるはず。

真夏の電力不足も問題になってますが

だから原発を、にしてはいけない。


個人も企業も家庭も全員が原発以外の道を目指せば

なんとかなると思う。


快適さも経済を競うのも命あってこそ。


取り返しのつかない事故を恐れながら暮らすより
不便でも、人の手の届くシステムで暮らしたい。

デモの日、晴天でした。
高くて青くてきれいな空でした。
今までどおり空を見上げて
のほほんと外で飲み食いしながら
音楽を聴いたり、ホーダをしたり、
天気がいいから外に遊びに行ってこいと
Tシャツに短パンの
子供を送り出せるように

紫外線情報や花粉情報と同じに
放射能情報が流れるなんて未来がこないように

被災された方、命を落とされた方(原発が原因ではないですが)
危険な現場で必死に作業されている方、
これから大人になる子供たち、命のために
いま大人である私達が止めないと。

上関原発建設反対サイト、今日オンライン署名しました。


ところで
タイトル「5分5分」とは
原発政策に対するある世論調査の結果。
「減らす・廃止」派46.7%
「増設・現状維持」派46.5%
調査は26日、27日とあります。
今この状況で、この数字。です。




(01:40)

2011年03月21日


こんにちは。
予報どおり雨です。

昨日撮った春の写真を。

110321_1
 
スカイツリーは最終の高さ634mになっていました。

今、新作に向かってます。
作りたい絵を形にするために
アイデアを最初は紙に描きます。
パソコンは形にするための道具。
アプリケーションを使いこなせてるとは
まだまだいえませんが。

今は誰でもその気になれば
パソコンや携帯で文字も写真も自由に操れます。

昔は、一枚の台紙に
印画紙に焼き付けた文字を切って貼った原稿と
写真やイラストをサイズ指定してレイアウトし、
製版を経て印刷と、工程がたくさんありました。
新聞や雑誌の外枠も太さに関わらず
筆、製図ペン、定規や道具を使って手で描く。
最初から最後まで同じ太さにできた時の達成感があったり。
これはその頃使ってたストイックな風情な道具。

110321_2

 
ところで
インターネットでショーロを配信している日本で唯一の会社
FONFONさんより嬉しいお知らせ。

好きな音楽を聴くことで
心を和ませ日常的な時間を取り戻す助けになればと
有料の会員ページとは別に

非会員でも無料で聴ける特別配信ページ を創設してくれました。


FONFONさんから
「お知りあいの方がいらっしゃれば、どうか、ご案内ください。
微力ですが、一助となればと願っています。」
とのことです。

FONFONさんについてもっと知りたい方は


ブラジル音楽の多彩で奥深い一面も味わえると思います。

さて、作業すすめます。




(14:23)

2011年03月18日


1週間が過ぎました。
被災地の方は、困難な状況が続く中、助け合って乗り切ろうとしている姿に
一刻も早く暖かく休めるようになってほしいと願います。
また、休む間もなく救援に携わる組織、みなさん
被災した方の受け入れに携わる全てのみなさんに感謝します。
本当にありがたいです。

けれど残念なことに
避難所で亡くなる方が出てしまいました。
あの脅威で生き延びたのにです。

昨夜、素人考えで、強く思いました。
取材の方、報道は大事だと思いますが
燃料がないのも寒いのも食べ物がないのも
全局で同じことを報じているより
各取材ヘリ、車両に1人でも2人でも載せることはできないでしょうか?
燃料・灯油を1缶でも2缶でも積んで行けませんか?
取材の間近で亡くなっているんです、人が。
もしかしたら既にやっているのでしょうか?
やってたらそれこそ報道してるか。

マスコミの方は、一般市民ではないと思います。
力と金のある組織に属しているのです。
どの局も同じ内容なら1局で充分。それ以外は
スタジオ・報道に使う電力・燃料を
被災地の暖房と被災地からの救助にあててください。
その力をフルに使って命を救う側に立ってほしい。
お願いします。

って、ここでお願いしても声は届かないか。
Twitterやったらいいのかな。

ところで
これ書いてても電気使ってるんですよね。
ネットショップは電気命です。
が、配送遅延・利用銀行の不具合などお知らせしてはいますが
もともと注文少ないところへ皆無。
いいんです。募金に回してください。

なので悲しいかな省エネも思うがままです。
それでも、
できることはアナログに紙へ下書き、
パソコンつけて迅速更新。夜になったら消す。
夕方からはTシャツの上に下に着込んでギリギリまで暖房ガマン。
布団に入れば真っ暗にできるし。

たいして影響ないかもしれないけれど
塵も積もれば、で意識していきます。これからも。

アクセスしていただきありがとうございます。



(15:37)

2011年03月17日


先ほどブログ更新したあと

東京のライブ情報を見つけました。

明日17日


です。

投げ銭、そして電力をおさえた生音とのこと。

ホッとできると思います。

行けない私も、家で少しCDを聴こうとおもいます。






(00:07)

2011年03月16日


近所の店から
トイレットペーパー・水・缶詰・卵・牛乳・レトルト・保存食が消えました。

一つ必要な人が一つも買えません。

おととい、わたしは
いつもは1パックのトイレットペーパーを2パック買いました。
自分本位でした。

昨日から、普段のように家計を考えつつ野菜や魚を買い
冷蔵庫にあるものを消費する。使い切る。
節電はもちろん、ガスや水道も最小限に。

浴槽に水をはる。
以前停電した時、
集合住宅は、水道も電気があってこそ使えるとわかりました。

できる耐震対策をします。
手が必要な時、移動ができた時、役に立てるように
今、怪我をしないこと、病気をしないこと。

コンビニで、お菓子を買うためにならんだ小さな子供が、
レジの募金箱にお金を入れ、
お菓子を棚に戻して帰って行ったそうです。

昨日、堂々の赤字初申告を終え、ささやかな募金をしました。

衣料品を扱うものとして
半袖Tシャツでも、
たとえ今すぐでなくてもできることがあるはず。

そして
少し何か楽しいことが必要になったとき
心の役にたてるような
Tシャツを作りたいと思います。

節電の早寝早起きに戻ります。

今ひとつ寒々しい画像になってしまいましたが

木蓮が咲きましたので

110316_1

110316_2
 
 










(20:42)