2014年05月

2014年05月06日



こんにちは

どんより肌寒いGW最終日ですが、

明日から、新緑まぶしい5月に戻るそうです。

思い出すのは、昔、祖母と妹と

よもぎ採りから始まった、手作り草餅の

色、香り、味の濃さ。

和菓子屋さんで買っても、物足りなかったんですが

先日「茂助だんごの草餅」に出会いました。


05063


粒あん苦手なのに、ほんのわずかな塩気が絶妙でした。


さて。

GW、あっちこっちで

ブラジルイベント。

昼間っからカイピリーニャ(有料)片手に

2ステージも無料ライブが堪能できるほう


ちょこっと行ってきました。

その日は、hinolismo的に正装の

七分袖カイピリーニャTシャツを着ていきました。

caip11210or_1c

せっかくのカイピリーニャ片手の写真、

またも撮り忘れ。会期中にリベンジしなくては。


そして昨日、半袖バージョンもアップしました。

caip11405gr_1f


そもそも半袖だったのを七分袖にチェンジしたのですが

半袖カテゴリーの中にこれがないのは、まずい(気づくの遅!)

というわけで、

不滅のカイピリーニャTシャツ半袖グリーン発売!

ちなみに、以前の半袖。

caip1002li_2f


ところ変わって、

先日、ムーミン谷に行って参りました。

0506_2

トーベ・ヤンソン生誕100周年を記念して

『フィンランドのタンペレ市立美術館に、

トーベ・ヤンソン自身が生前寄贈したムーミンの原画・習作から、

約150点の日本初公開を含む作品200余点を展示する

かつてない規模のムーミンの原画展』

ムーミン公式サイトを見て知ったのですが、

『風刺雑誌「GARM」では1933年以降メインのイラストレーターとして活躍し、

第二次大戦中には独裁者たちを笑いのめす風刺画を量産しました。

後にムーミンとして知られるようになる大きな鼻をした生きものが、

初めて出版物に姿を表したのもこの雑誌。

初めはトーベの署名の脇に小さく添えられた、

「いつも怒っている醜い小さな生きもの」としてでした。』

とありました。

戦争を感じながら、物語を作り、その挿絵をみずから描く

懐かしいだけじゃない「生きもの」が見たくなりました。

なんだかんだで、連休入りしてからの訪問になり

入場制限している時もあるくらい

展示会場はニョロニョロのように動くしかない大混雑。

そして、挿絵って原寸なのか!しかもペン画で細かい。

人の波の隙を狙って、近づくも

絵の保護のため、照明おとしていて、

老眼だからある程度離れないと焦点合わない(涙)

気を取り直して絵の前に立つ!

黒いインクで描かれた、静かな絵なのに

なぜか見ている自分の頭の中で動くかのよう。

1枚の挿絵が、物語の一瞬をカメラで撮ったのと同じように。

混雑もなんのその、めくるめくひと時でした。


期待のジオラマは、会場の最後。ここは撮影オッケーでした!

0506

IMG_2616

誰がどこにいるか。

ムーミン谷の地上目線で、隅々までよーく見てきました。

これから全国移動するそうです。

ムーミン公式サイトイベントカレンダー

詳細PDFへのリンクあり。


昨日はこどもの日。Wikipediaを見ると

『こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、

母に感謝する』が趣旨とありました。

↓思い出したので貼っておきます。

とめよう再稼働 オンライン署名 国際環境NGOグリーンピース

 

(16:43)