2011年06月13日

こんにちは!

雨あがりの空、ひんやりしたお昼です。

いかがお過ごしですか?


Planeta onde a vida nasce .

Como um pai como uma mãe .

Uma dádiva forte,  generosa.

Uma herança antiga .

Repassado para o  futuro .

命が生まれる惑星。

母のように父のように。

それは、たくましく、おおらかな贈り物。

大昔受け継いだ物。

いつか引き継ぐ物。


昨日アップした新作Tシャツに入れたポルトガル語です。

hinolismoはブラジルと日本をTシャツでデザインする店

ということもありますが

エネルギーをどうするかは

日本だけでなく地球サイズで考えるべきと思いました。

デモに参加し・Twitterで脱原発を叫んでいます。

なんで脱原発なんだっけ、と確認します。

・日本の原発は地震と津波に耐えられないこと。


・事故ると放射能が漏れ、空気も水も土も汚染され、

 人間も動植物も被爆すること


・それによって生活の場を捨てざるをえなくなること


・それによる精神的肉体的影響の不安・被害


・それによる経済的・物質的損失


・ウランの枯渇が目に見えている。


・数万年放射線を出し続ける核ゴミの処理場がどこにもないし
 管理方法もきまっていない。


・実は不経済である。作ったエネルギーの3分の2はゴミとして
 海に捨て水温をあげている。環境破壊。


・安いと言われるコストに廃棄物・廃炉・立地対策・事故対策費用は
 はいっていない。実は最もコスト高。


・原発やめても今ある水力、火力と自家発電工場からの融通と
 無理の無い省エネでだいじょうぶ。


・世界最大出力の地熱発電は日本製、技術OK。

 環境省が4月に発表した試算では風力発電控えめ見積もりでも
 2009年度の全国の発電設備総出力2億397万KWの約70%にあたる
 最大1億4300万kWの導入が見込めるらしい。

 技術革新や補助金を駆使すれば、陸と海の合計で
 15億万kWを見込めるとしている。
 つまり、風力だけで日本の全発電設備総出力の7倍以上が賄える計算。
 というじゃないか。 


よし、やっぱり原発いらないです。
 
なんの疑問もなく福島からの電気を使って暮らしてきた自分にも

これからどう変えていくか、責任があります。

利益優先の大量消費社会でいいのか?

子供たちにゴミを相続するのか?

政治・企業・報道のあり方、巨大な権力に任せておいたら

この先どうなっていくのか。

疑問と怒りと恐怖をおぼえました。

だけど、小さな力の方が頼りになることも改めて感じました。

個人個人がどんな日本にしたいか、

どんな日本人になりたいか考える時だと思います。

決意をポジティブに継続するため作りました。


SOL e TERRA-太陽と地球のエネルギーTシャツ

 
 http://www.hinolismo.jp/SHOP/SOLTE1106CC.html


 VENTO e ONDA-風と波のエネルギーTシャツ

 http://www.hinolismo.jp/SHOP/ONDAV1106SK.html







(13:07)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字