散歩・ライブ・食欲

2016年12月01日

こんにちは。hinolismoの赤羽です。

ついに申年ラスト、12月はじまりました!

そんな中、先日は3連休をいただき、ありがとうございました。
お待たせしていたご注文もほぼ発送したところで、
連休中にいただいてきた着用画像の数々含め、どーんと8カラー実例集更新です。

各画像クリックで、hinolismo実例集の各色ページご覧ください。

【グリーン】
カレー屋さんの仕事着!お店で、よそ行きでご愛用とのこと!
hinolismo_caipi2gryborelgrcr3

【キャメル】
お蕎麦屋さんの仕事着!その1。
hinolismo_pandcmov

【ブラウン】
お蕎麦屋さんの仕事着!その2。
hinolismo_corcbrmd

【サンドベージュ】
3年目の魅惑の色落ちお楽しみいただいています。
hinolismo_orelsdcckimmbkcr2

【上右はブラック実例集へ
冬の金木犀をさらりと。そしてお二人のベース色、コントラストが素敵。

【ナチュラル】
幻想的な夢の中のようなシルエット。
hinolismo_estrntcg

【マスタード】
「前回の実例集を見て」このデザインでこの組み合わせ、意外にも初めてです!
hinolismo_caipi2msam


【ネイビー】
ロータスピンク、デザインイメージがガラリと変わる面白さ。
hinolismo_batinvlt

ありがとうございました!

引き続き、着用モデルさまを絶賛募集しております。

本格的に寒くなってきました。
長袖を中に重ねてTシャツとの素材や色の違いを楽しむだけでなく、
帽子、マフラー、手袋、巻きもの、羽織りものなど、
お部屋で、お店で、イベントで、愛着たっぷり経年着用画像、ぜひ送ってください。

迷わず選べる基本カラー


実例集を参考に、迷う楽しみ19色


スウェットでほっこり暖かく


★カスタマイズ補足★

前と背中のプリント入替えご注文の場合、
プリント位置が不自然にならないよう、予め調整しています。
通常は、Tシャツサイズでの位置調整になりますが
普段よりサイズアップして着用されたい場合など、
身長や、普段のサイズをお知らせいただければ、調整できます。
ご相談もお気軽にどうぞ。

お待ちしております!

http://www.hinolismo.jp


さて、連休は、大阪と神戸に一泊ずつ。
・「吉田慶子さんと笹子重治さんDUO」と
ずっと前から行きたかった
・「大阪CHOVE CHUVAさん」と
・「神戸みみみ堂さん」と
・「そば切り山親爺さん」が一気に実現する
・相方も行ける
この絶好の機会を逃してはいかんと決心。

往路はライブ控えてるので時間が確実なぷらっとこだま。
hinolismo1611301635
富士山くっきりの快晴。

4時間で新大阪に入り、
昼は、相方の提案、初めての鶴橋へ。
hinolismo1611301652
どこにするか迷って、

hinolismo1611301658
明るい笑顔と看板でこちらのお店に。

hinolismo1611301657
このボリューム、セットで1600円!

hinolismo1611301659

hinolismo1611301661

その後、お腹いっぱいなのに、
hinolismo1611301790
食欲そそる匂い、思わず入りたくなるお店並ぶ市場を見て回り
一軒のお店(画像は違う店)で試食した岩のりキムチの
美味しさといったら。お土産に即決でした。

hinolismo1611301797
駅に戻って階段登ったら、見覚えのある本屋さん、
店入り口=駅改札になっててびっくり。

時間に余裕見たつもりが、二人方向音痴の上に土地勘なし、
なんと
1日目ライブに遅刻・・・。
CHOVE CHUVAさん、吉田慶子さんと笹子重治さん、
そしてお客様にお待ち頂いてしまった気が。
二人で大反省。すみませんでした!!!

笹子さんのギターと
カエターノブームが来ているという吉田さん、
どんどん歌います。ハンカチこの日も必須でした。
歌詞の訳を朗読する声がまた良くて。
MCももちろん絶好調。

ライブ後。
CHOVE CHUVAさんがどんなお店かわかるこの笑顔。
hinolismo1611301695
時計回りで、笹子さん、
お店の最常連の一人で吉田さんの大ファンmiohanさん、
トールさん、わたし、ドンさん、カナミさん、吉田さん、
二人の間の恵比寿ちゃん、相方。

hinolismo1611301671
そしてINAMIさんも。
hinolismo1611301672
CDのことはchovechuva WEBサイトに。

この二つを頼まずに帰れない。
カイピリーニャ。
hinolismo1611301679
濃っ!!超美味!!!

知る人ぞ知るラーノさん直伝のムケッカバイアーナ。
hinolismo1611301692
これは凄いです!
なぜかというと、最初は意外とサラサラなのですが、
徐々にトロリと濃厚に旨味が増すのです。
じっくり味わうべき一皿。早食いしなくてよかった〜。

途中から雨になりました。
hinolismo1611301686
まさにCHOVE CHUVAの夜。
ありがとうございました!


2日目、神戸に移動。
神戸本線の窓の横の、謎のスイッチは、
hinolismo1611301699
窓開閉スイッチだそうです。矢印だけ、シンプルすぎます!
神戸の電車は、外観も昭和の色合い、すてきでした。

おやつの時間に小さなアーケード街でみつけた
ホットサンド専門店、Viaduc(ヴィアデュック)さん。
テイクアウトオンリー。
注文受けてからひとつひとつ焼いてくれます。
hinolismo1611301708
とろけるチーズたっぷりクロックムッシュ、
美味しかったです。

暗くなった頃、いよいよ神戸憧れのカレー屋みみみ堂さんに到着!
ドキドキしちゃって外観撮り忘れました・・・。
すでにお客さんでいっぱい。
厨房のぞいた途端、ぶっわあ!hinolismo涙!
hinolismo1611301711
そして、
hinolismo1611301713
柄違いグリーンとイエローのご夫婦、
クルクルと右と左入れ替わる、と思うと、
できた料理を客席に出してまた戻って。
無駄な動きがないのです。美しかったなあ。

hinolismo1611301710
壁には吉田さんと笹子さんDUO千秋楽のイラスト。
黒と白バーションと4枚で一つのポスターのよう。
イラストレーターのmatsue maikoさん、

hinolismo1611301716
特製カレープレート!!
ああ、思い出す、今すぐ食べたいです。
hinolismo1611301802
メニューと受付も。maikoさん素敵です。

そしていよいよ千秋楽。
hinolismo1611301719
砂かぶりならでは。
たまたま土俵入りっぽいショット撮れました。

大入り満員の千秋楽、何度聴いても泣きます。
いつものように、何も誰も遮ることができない声。
最後小さな声の音の先にも微かに残っている音があるのではないか、
それを聴きたい思いで拍手したくない衝動にかられます。
でも、拍手しちゃうんですけど。

hinolismo1611301732
ライブ後の写真。
吉田慶子さん、佐野坂さん、笹子さん、
maikoさん、みきさん
ここでも笹子さん吉田さんのリラックスした表情が
みみみ堂さんの「ゆっくりできそなカレーやってます」そのものな気がします。

そして打ち上げに参加させていただきまして
hinolismo史上最高の着用率更新!前と背中も!

hinolismo1611301749

hinolismo1611301745

詳細は、上記の各カラー実例集でご覧くださいませ!!

翌日は、この画像をチームhinolismoとツイートしてくださった
山親爺さんのお店へ。

「そば切り山親爺」さん、神戸市中央区 熊内町、
住宅街の坂道にありました。

開けると、外の風景から一転、木のぬくもりとオフホワイトの
広く明るい店内が広がっていました。

そして前日オレリャォンTシャツをキュートに着こなしていた方が、
粋に髪をまとめあげ茄子紺色のエプロンでキリリと。
エプロンの下から、3年前に送り出したコルコバードTシャツが〜。

他のお客様もいらっしゃる店内、興奮をぐっとこらえ、
奥の席に座り、店内を見渡します。

hinolismo1611301834

hinolismo1611301835
今日はお蕎麦を堪能すると決めてましたので、
おすすめをお願いして。
IMG_1760
手作りの椅子!
IMG_1759
床のカゴ!
IMG_1758
湯のみと薬味入れ。
器好き、小物好き、雑貨好きの心をくすぐりまくる店内。

来ました!美しい!!
IMG_1761
わたしは細切りもり。

IMG_1762
相方は細切りおろし。
普通のと辛味大根の2種類のおろしです。

IMG_1763
こちらはおすすめの手挽き。おおおいしそう。
おつゆと粒しっかりの美味しいお塩の後、
何もつけずに食べたら、うんまーい!
手挽き、つるっと食べちゃうのもったいない
噛むほどにお蕎麦の旨味と食感が広がりました。
ちなみに、お蕎麦はどちらも北海道産を挽いているそうです。
しかもこの時期が新そば!

蕎麦湯もたっぷりいただいて、満足。
でも、もっといろいろ食べたかった。
胃袋は、なんで一つなのでしょうか。

IMG_1780

IMG_1783
トイレも長居してしまいそうな空間。

IMG_1766
ご主人かと思いきや、違うそうです。
お気に入りの作家さんの作品で少しずつ集められてると。
IMG_1772
こちらも。
IMG_1773
ふと見ると、すっかりくつろぎ中の相方。

IMG_1778
石のクマさんは、常連のお客さま作とのこと。
IMG_1779
同じく石の箸置き。

居心地よく、時間さえあればずっといたいけれど残念。
来年も来て、太切りとおあてとお酒と15時からのだしまきも頂くと
誓ったのでした。

IMG_1788

またうかがいます!


旅でお会いした皆さんのWEBサイトなどは、

笹子重治さん 

吉田慶子さん

CHOVE CHUVAさん

みみみ堂さん

山親爺さん twitter 山親爺 @yamaoyaji0224

matsue maikoさん


自分の道を開き、作り続けて
お客様を笑顔に幸せにして「ありがとうございました」と送る姿。
今回の旅で、目に焼きつけてきました。

hinolismoに袖を通すお客さまに「このTシャツを着よう」と
思っていただいていることを忘れずに、
忘れそうになったら、この旅を思い出します。

長々とお読みいただき、ありがとうございました。

帰りは、これも初のLCC。約1時間で戻ってしまい、
安くて早いけど、もうちょっと浸っていたかったと。
hinolismo1611301841
一番遠くの白い三角が富士山です。



(09:18)

2016年08月30日

2016年8月27日(土)。
スタート前の現地入りなんて、
某チームで最後にショカーリョ振って以来かも。

思いっきり声援送り、目に焼きつけるように
写真撮らないつもりだったのに、
目の前で弾けるウルトラ笑顔のパフォーマンス。
それを支えるOB、OGサポーターの走り回る姿。

ワケあって出場チーム順と逆、
友人・知り合い中心の写真集となっております。
説明ない方がいいかもと思って入れてません。

また、スタート地点からゴール地点に移動したり
終始叫ぶわ、両手振り回すわ、踊るわだったので
脳裏のみの記録が上回ってしまいました。
ご了承ください。

160827asa6

160827asa7

160827asa8

160827asa10

160827asa11

160827asa12

160827asa22

160827asa21

160827asa15

160827asa13

160827asa15

160827asa16

160827asa18

160827asa19

160827asa20

160827asa32

160827asa33

160827asa34

160827asa36

160827asa37

160827asa38

160827asa26

160827asa27

160827asa29

160827asa30

160827asa28

160827asa31

160827asa23

160827asa24

160827asa25

160827asa41

160827asa53

160827asa39

160827asa40

160827asa43

160827asa42

160827asa44

160827asa54

160827asa55


160827asa52

160827asa51

160827asa46

160827asa48

160827asa49

160827asa45

あまり写ってないのですが、
平和を願う思いをこめたテーマやエンヘードやアレゴリアや衣装に目が行きました。
沿道の人達も歓声おくってました。
デモなどで会う友が、思い思いのチームにバテリアやサポーターで参加したし。

全チームのゴールを見届けてから、
新宿の「生活苦しいヤツは声あげろ 貧困たたきに抗議する新宿緊急デモ」へ。
毎日新聞の記事あり。
一緒にカーニバル観てた友人もドラム隊の中に。
160827asa57

160827asa58
たくさんのプラカードが高く掲げられ、
シンプルで力強いコールが新宿の街に響き、
交差点や沿道からは、共感が伝わってくる気がしました。

まさに、コールのとおり
「払った税金かってに使うな!市民のために税金使え!」です。

で、デモ終了後、やっぱり浅草へ戻っちゃいました。
サンビスタで溢れかえるホッピー横丁、当然パゴーヂも盛り上がり中。
この日、ようやく私の目の前にきた黄金の水。
160827asa56

caipi-lisr_1
カイピリーニャTシャツご愛用のお客さまとも再会できました。

昼間もこの夜も、そして、実は前夜ライブに行った際も、
声をかけさせて頂いたり、
お客さまからわざわざ声をかけてくださって、
初めてご挨拶することができ、幸せを噛みしめました。
ありがとうございました。



(03:14)

2016年08月21日

8/20(土)、実例集更新しました。
画像クリックで、hinolismo各ページチェックできます。

【ボルドー】
踊る、叩く。熱い鼓動の色。
hinolismo_corabocr

【ナチュラル】
ホーダ・ヂ・ショーロをイメージされたそう。
乳白色にデニムブルーの鮮やかなコントラスト。
hinolismo_rodantdm

【アオネズ】
「実例集の組み合わせが素敵で、即決でした」
皆さま、ありがとうございます!
hinolismo_estransr

【ブラック】
「夜に見たコルコバードの丘をイメージしました」
ありがとうございます!
hinolismo_corcbkcr

【カーキ】
クイーカ&クイーカ!デフォルト生地色に思い思いの刷り色。
hinolismo_cuickhmd

hinolismo_cuickhah

【グリーン】同系色の魅力!
hinolismo_orelgrwk

【オレンジ】
洗って馴染むと、グリーンとのコンビがますますいい感じに。
hinolismo_moquoram

【ライムグリーン】
グイグイ引寄せられる、まるで弦のマジック。
hinolismo_bandlisr

以上8カラーの更新、ありがとうございました。
おかげさまで、実例集と同じご注文も増えてきました。
また、迷わず選ぶ基本カラーのご注文も。
hinolismo1600707

重ねてお礼申しあげると共に、引き続きお待ちしております。

★カスタマイズ補足★
前と背中のプリント入替えご注文の場合、
プリント位置が不自然にならないよう、予め調整しています。
通常は、Tシャツサイズでの位置調整になりますが
普段よりサイズアップして着用されたい場合など、
身長や、普段のサイズをお知らせいただければ、調整できます。
ご相談もお気軽にどうぞ。

http://www.hinolismo.jp

作業お休みをいただいた3日間、
挨拶まわりの先々と道中に広がる風景。
四角い画面を離れ、五感を大解放してきました。
IMG_0174
2月に皆で仕込み、玄関で寝て育った味噌の天地返しから。

IMG_0189
き、気持ちい〜〜〜。

IMG_0196
潰されなかった大豆も混じってます。

IMG_8644
半年前、潰したばかりの色。

まだ少し若い香りと味。どんどん濃くまるく変わる楽しみ。
小分けにして、お盆の挨拶まわりに持って行きました。

IMG_0348

IMG_0351
ぶどうみたいになる「ぜいたくトマト」!

IMG_0391

IMG_0357
オクラ。

IMG_0369
ビニールを突き破って土に根を張っていくそうです。

IMG_0373
生きてるズッキーニに圧倒されました。

IMG_0380
渦まくつぼみ。

IMG_0400
見慣れた花も、後ろ姿に惹かれてしまう。

IMG_0399

IMG_0404
花の列。美しい。
ここにある全てと人の手に感謝です。

気づけば撮り忘れ多数。
だって、ちゃぶ台にのる天ぷらも漬物も
そこの畑でとってきたばかりの野菜、
何よりのご馳走で、胸もお腹もいっぱいだったんです。

東京に戻ってきた夜は、深川のお祭最終日。
バロン倶楽部さん のガムラン演奏と舞を観に八幡さんへ。
IMG_0437
境内の外まで響く生音とバロンとランダの戦い、迫力!

IMG_0463
奉納されたバロン。


さて、来週8/27(土)は、各ブロコ、エスコーラ、一年の集大成
浅草サンバカーニバル!
今年も沿道で熱く応援したいです。
当日の朝も浅草寺境内裏にまわれば
アレゴリア(山車)の仕上げ作業に打ち込む姿が見られるでしょう。
邪魔にならぬよう、胸熱の風景を焼きつけに行こうと思います。

浅草サンバカーニバル公式サイト
出場順・チーム紹介


追記
さっき、むのたけじさんの訃報を知りました。
心からご冥福をお祈りいたします。
5/3、有明臨港パーク憲法集会で聴いた、
101歳のジャーナリストの声、忘れません。



(14:08)

2015年10月08日


9月終わりの週末、毎年恒例となった「VAMOSブラジる!?」。

2つのライブに行ってきました。

ホントはもっと観たかったのですが、諸事情ありまして。

一つめは、日本のヴェーリャグァルーダ(サンバの重鎮)集結、その名も

「Pé na Cova(意味は「棺桶に足を」)」。

バオバブさん店内は、酸欠をモノともせず、飲み踊る歌う超満員のお客さん。

混雑の人影撮ってもでさっぱりわからないので画像もパスです。

その一体感と懐かしい人達に会えていろいろ思い出しグッときてしまい。

(hinolismoお客さまとお会いでき、ちょい緊張したりして)

そしてもう一つは、なんとこの2日間のために

韓国から来てくれた「Primavera」(ポルトガル語の「春」)

8人編成の韓国のパゴーヂ & MPBバンド。

わたしは初めてだったのですが、

2010年ソウルで結成して、 2013年には

ブラジル大使館主催の韓国ブラジルミュージックコンテストで大賞!

浅草のQue Bom!さんでもライブしたと。

観るぜ!!

ココパームさん、お客さん座らない。なぜか。踊るから!

一曲目からノリノリ!!この後すぐ満員になりました。

1008_1

サンバ・MPBの名曲だけでなく、韓国語のオリジナル曲も。

韓国語のサンバ、いい!言葉わからなくても(うわあ、ごめんなさい)

もっと聴きたかったです!

誰もがついつい立ち上がって踊りたく歌いたくなる、

まさに「Primavera」。

ライブ終了後の店内、韓国語・英語・ポルトガル語・日本語が賑やかに入り交じってました。

帰り難く残った皆で撮ってもらった写真もゲット。

1008_2

全員が、地球の反対側に思いを馳せる者同士、

それはもう嬉しくてたまらんという雰囲気が全面的に出てます!!

PrimaveraのFacebook にも楽しげな画像載ってますね。

そしてありがとう!VAMOSブラジる!?

どのライブに行こうか身を切られる思い(今年はこう)ですが、

来年も行きます!




(19:55)

2015年03月23日


0323


伊藤若冲。

鶏の尾が触れた弾みで枝葉に積もった雪が、ぱっと空間に散った瞬間。
そのかすかな音まで聞こえてくる写実以上の、毛筆によるライブ感。

伸びる枝を、紙端でそのまま見切り後、先端を再び紙に戻し、
その先の書へ見る者の目を導く構図。

花と同じくらいの密度、執着で描く葉の虫食いや枯れも、
青物問屋に生まれ育った故かと納得。
屏風一枚にひとつずつ、墨だけで強く瑞々しく描いた野菜、
涅槃図を大根のお釈迦さま、取り囲む弟子や人、動物も野菜で表現と、
リスペクトし続けた愛を感じました。

与謝蕪村。

俳句と画を合わせた小さい巻物から特大屏風の俳画。
描き込んだ大作の中に、
つい微笑んでしまうリラックスした絵、
が、それもまた
筆の毛一本一本を知り尽くしたような自由自在の線や面。
にじみの強弱だけで描かれたリアルな蛙や着物の皺やたるみに
グイグイ惹き込まれました。 

また、蕪村の書き文字が実に魅力的なのです。
当然毛筆であるが、強弱の使い方に、
ポップなペン字のような親しみ易さで
読みたいと思ったし、
こんなフォントがあったら使ってみたいと。
 
若冲も蕪村も1716年生まれの同い年。
後年、京都でかなり近所に住まいがあったのを、
現在の地図で表していたり、
直接の交流の記録はないそうですが、
共通の知人の図解があるのも面白かった。

それにしても、二人とも晩年にいくほど凄いんです。
最後まで圧巻圧倒、
これ以上あったら鼻血出してたと思った
第一展示期間、約100点を堪能。
 
展示入れ替えたらまた行きます。

観るべし

生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村

2015年3月18日(水)~5月10日(日)


この日は、この後お昼を食べてからデモに参加。

充実の休業日でした。

ありがとうございました。 



(12:49)